過払い金返還請求の道
main image

家庭裁判所で扱う相続手続きの内容とは

今の時代、相続に関する問題は無くならないといっても過言ではありません。すべての事例でうまく手続きできるものばかりではないのです。相続手続きの中には、家庭裁判所で行わなければならない事例や、手続きがうまく運ばないために申し立てをしなければならない事例までさまざまあります。

たとえば、不動産の名義変更などは法務局で行えますし、預貯金は金融機関で行うのは周知のとおりです。相続そのものに関する手続き、または相続人に関する手続きで大きく分けられていますが、遺産分割調停審判の際に使用される【遺産分割調停申立書】は家庭裁判所に相続人全員の戸籍謄本などの書類が必要になってきます。