過払い金返還請求の道
main image

交通事故弁護士に相談する流れについて

交通事故から弁護士に相談するまでの間に、いくつかのプロセスがあります。 まず交通事故が発生したら、警察に通報します。ここから治療がスタートしますが、時間が経過してから痛みや違和感が出たり、賠償が受けられなくなるケースもあるので、自覚症状がなくても病院で受診しておくことが大切です。

改善して治療が終了することもありますが、回復する見込みがないと医師に判断されると、症状固定といって治療が打ち切りになり、後遺症が出た場合は後遺障害認定を受けることになります。 この流れの中で、交通事故弁護士は症状や診断書の内容をもとに調査を行い、保険会社と賠償額や示談の交渉を行います。

治療の早い段階から弁護士に相談すれば、よりスムーズに解決できる場合もありますので、専門の交通事故弁護士に相談されることをおすすめします。