過払い金返還請求の道
main image

有効な遺言書作成と相続について

自分が死んだ後の財産の処理などの、いわゆる相続については、遺言書を作成しておくことが大切です。文書にすることで、自分の意思を明らかにすることができるからです。 しかし、法律的に有効な遺言書作成のためには、一定の様式に関する条件を満たしていることが必要です。

このような条件を満たす書き方としては、各個人個人で作成し、署名捺印することなど、細かい規定があるので、一度専門家に相談することが重要です。 一方、内容についての有効条件もありますが、遺言書が有効に作成されていれば、出来るだけ本人の意思を尊重するように合理的に解釈することが出来るのです。